増えすぎたミニカーに愛を捧ぐ

増えすぎたミニカーをどんどんアップしていきます。

MAZDA REPU

f:id:funkastok:20170830110310j:plain

HOT WHEELSから「MAZDA REPU」2017年のファーストエディションモデルです。

約一年前のモックの公開から、かなり発売を心待ちにしていたモデルです。

オリジナル車は、初代プロシードの北米向けロータリーエンジンモデル、1074年式ロータリーピックアップです。

当時はレーシングモデルとしても人気があったと、何かで読んだことがあります。

 

 

今日はHOT WHEELSの発売日でした。

今回購入したのはこちら。

f:id:funkastok:20170830110306j:plain

左列上から、510ブルワゴンはサーフパトロール仕様。その下が今回紹介するMAZDAのピックアップ。この2台はマストバイでした。

その下がMOONEYES仕様のチャージャー。これも欲しかった一台。実は今日発売のモデルでハコスカがあったのですが、これはスルー。カラーリング的にも自分の中でハコスカのイメージとかけ離れたイメージだったので、他を優先させました。

一番下が、先月発売のFORD GT。車種的にはそこまでマストではないものの、カラーリングとタンポがかなり好みなので購入。

で、右列上は謎のバギー。妙に気になる存在だったのでうっかり購入。その下のFANGULAは少し前に紹介したものの同タンポのカラバリ。ホットロッドでEDO ROTHデザイン的な雰囲気がツボなのです。

でその下は先月のサメ。買い足しです。

で、最後がディフォルメされたトゥーンドモデル。確か初回のレッドはスルーした様な気がしたけれど、今回はカラーリングがツボったので迷わず購入。

 

 

 

f:id:funkastok:20170830110309j:plain

ボディカラーはマットダークグレー。ブラックほどキツくなく、かなり際どいシブさです。グリルのセンターにはロータリーを象った形状のエンブレム。グリルの内側と外側に配された丸目四灯がカッコいいですね。

 

 

f:id:funkastok:20170830110308j:plain

フェンダー上のホワイトのサイドラインは純正の再現

サイドドアにはMAZDAの表記とロータリーのマーク。ドア一面だけというのが、ホットロッド臭いクールなデザインです。

 

 

f:id:funkastok:20170830110307j:plain

リアにはドでかく「ROTANG KLAN」。ちゃんとテールが塗られているのが何よりうれしいです。

 

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします。

 

 

 

120