増えすぎたミニカーに愛を捧ぐ

増えすぎたミニカーをどんどんアップしていきます。

Mercedes-Benz Unimog 1300

f:id:funkastok:20181203184422j:plain

HOT WHEELSから「Mercedes-Benz Unimog 1300」2019年のファーストエディションモデルです。2018年にリリースされちゃってますが、一応2019年アソートという事で。

昨日に引き続きMercedesです。

各メーカーからUNIMOGのいろいろなモデルがリリースされていますが、ここまでラリー仕様的なイメージのものは初めてではないでしょうか。

オリジナルは、たぶん1975−6年式くらいのUNIMOG。もともと決まった形状が無い様な車なので、決まったベース車は無いようですが、実際にラリー仕様のUNIMOGは存在していた様です。

 

 

 

f:id:funkastok:20181206205619j:plain
ボディカラーはソリッドなレッド。各所にタンポが入ってかなり豪華でカッコいいです。ボンネットには大きく「SHAK」の文字。「SHAK」とは、"2PAC AMARU SHAKUR"のことで、このモデルが2PACの"CALIFORNIA LOVE"のプロモーションビデオの中に出てくる、砂漠を滑走するオフロード車をモデルにデザインされた事を意味しています。

普通にデザイナーの名前の"DMITRIY SHAKHMATOV"の頭文字の様です。

グリルの真ん中にはスリーポインテッドスターが入っています。ここは地色そのままのブラックなので、クロームにペイントしたくなりますね。

 

 

f:id:funkastok:20181203184416j:plain

サイドにもタンポがいっぱい。ドアにはラリー用のゼッケン、そのすぐ後ろに入った縦文字の「UNIMOG」がカッコ良過ぎます。

ホイールはオフロード用でグレー。ボディの下回りは全体がブラックとグレーで統一されていて、カラーバランスも素敵です。

 

 

f:id:funkastok:20181203184435j:plain

リアにはスペアタイヤが二つ、荷台にはラリーに欠かせないツールボックスなどが積まれています。

リアウインドウのすぐ後ろに立っている煙突マフラーが超クール。バラして、細部塗装とディテールアップをしたら楽しそうなモデルです。

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします。

 

 

 

80