読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増えすぎたミニカーに愛を捧ぐ

増えすぎたミニカーをどんどんアップしていきます。

Volkswagen 1600 TL

f:id:funkastok:20160817211237j:plain

MATCHBOXから「Volkswagen 1600 TL」1967年のキャスト、1971年のモデルです。

オリジナル車は通称「TYPE 3」で、「TL」とはファストバックモデルという意味です。

「TYPE 3」が、どうしても「TYPE 1」ビートルや「TYPE 2」バスと比べていまいちパッとしないですが、なんだかTHUNDERBIRDSと似ていますね。

MATCHBOXも、THUNDERBIRDSも、同じMade in Englandです。

 

 

そう考えると、MATCHBOXにおける「TYPE1」のファーストはメタリックライトブルーでTHUNDERBIRDの1号のカラーリングはシルバーとアクアブルー、「TYPE2」のファーストはターコイズTHUNDERBIRD2号のグリーン、この「TYPE3」のファーストはレッドなのでTHUNDERBIRD3号のレッドと、なにかしら関連させている様にも考えられますね。

 

いや、無理がありすぎるか。

 

f:id:funkastok:20160817211238j:plain

ボディカラーはメタリックパープル。このキャストは全部で3色、レッドとピンクとこのパープルです。内装はホワイトで、ちょっと高級感がありますね。

すごくパーツ分割に苦悩した跡が見られるヘッドライトは、特徴的な目を別パーツで作りたいというMATCHBOXのデザイナーの努力が伺えます。ただ、フォグは2つで良かったかなと思います。

 

 

f:id:funkastok:20160817211239j:plain

ホイールは「Super-Fast」ホイールで、HOT WHEELSの1980年頃のベーシックホイールやTOMICAのベーシックホイールに似ていますね。

正直、「Super-Fast」以前のディスク系のホイールの方が似合っているとは思います。

 

 

f:id:funkastok:20160817211240j:plain

ファストバックがかっこいいですね。個人的には、スクエアバックのヴァリアントも欲しいところです。MATCHBOXでは販売されていませんが。

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします。

 

 

 

200